本文へ移動

よくあるご質問


お見積は無料です。メールまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。詳細をお伺いし、料金をご提示いたします。 また、必要に応じて現地でのお見積もいたします。
増えた分を回収前にお伝えください。増えた分のお見積を再度、ご提示いたします。 ただし、廃棄物の量が大幅に変わった場合は前日までにはご連絡ください。


お引っ越しやお片づけなどの際に家庭から排出される廃棄物と、事業活動に伴って事務所等から排出される廃棄物を回収いたします。 具体的には「タンス・椅子・テーブル・食器類」といった一般廃棄物や「廃プラスチック類・金属くず・発泡スチロール」といった産業廃棄物などです。


2001年4月から施行された家電リサイクル法では、テレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・ 洗濯機(衣類乾燥機)をリサイクル家電としています。回収後は、リサイクル処理施設にて破砕・選別され、鉄・銅・アルミ等の金属やガラス等の原材料として再利用されます。


すべての事業活動から排出される生ごみ・紙くず・木くず・繊維くずなどを言います。 主な事業活動には、事務所・オフィス・食堂・居酒屋・レストラン・クリーニング店・青果店などの飲食店や商店、 また、学校・社会福祉施設などの公共施設、病院・診療所などの医療機関があります。


当社では、中間処理施設にさまざまな設備を導入することで、少しでも多くの廃棄物を再資源化できるよう努めています。
 減容機 発泡スチロールの溶解及び廃プラスチック類(ビニール等)の減容固化。
 缶・ビン分別機 スチール缶及びアルミ缶の分別。
 プレス機 ビニールの圧縮梱包。
これらの処理を行った後、有効資源や有価物はリサイクル工場へ、再生利用できないごみや廃棄物は最終処分場へと運搬します。
 


マニフェスト(産業廃棄物管理表)とは、排出事業者が外部の業者に産業廃棄物の処理を委託する際に交付する伝票のことです。 排出事業者は、自社で排出した廃棄物が適正に処理されたかどうか、最後まで責任を持って確認する義務があります。 そこで必要となってくるのがマニフェストです。 排出事業者が交付したマニフェストは、廃棄物の処理が完了した時点で処理業者から排出事業者のもとへ返送されてきます。 これにより、産業廃棄物の種類や数量、運搬受託者、処分受託者、最終処分の場所といった処理過程の詳細を把握することが可能です。
022-364-0827 お気軽にお電話ください。	メールでお問い合わせも可能です。
0
2
4
3
3
7
TOPへ戻る